ヨーグルトでダイエット! 太るリスクを減らすためには朝と夜どちらで食べればいい?

ヨーグルトでダイエットが話題に!

今、ヨーグルトでダイエットをするのが話題になっています!

このヨーグルトダイエットはどういう人がやっているのかというと、日頃から便秘に悩まされている人が利用しているダイエットになります。
便秘の改善を期待してヨーグルトを食べている人が多いのは有名な話ですよね。

以下のサイトには、「ヨーグルトに含まれる乳酸菌によって腸内の善玉菌が悪玉菌に対して優勢になる」と書かれています。

ヨーグルトを食べるから痩せるのではなく、ヨーグルトで腸内環境を整えて痩せやすい状況を作ってあげることが重要なんですね。

ただし、ヨーグルトの中にはカロリーが高いものもあるため注意して選ばないとダイエットが目的なのに本末転倒になってしまいます。

ヨーグルト選びのポイント

プレーンのヨーグルトを選ぶ

まず、ヨーグルトを選ぶ際にはできるだけカロリーが低い物を選びたいですね。
そうなってくると、市販のヨーグルトは砂糖を使用しているものが多いため選択肢がかなり減ってしまいます。

お店で売っている物を食べる場合は、できるだけプレーンのヨーグルトを選びましょう。

牛乳よりも豆乳のヨーグルトを選ぶ

最近では豆乳で作られたヨーグルトも出回っていますよね。

豆乳は牛乳よりもカロリーが低く、さらに大豆イソフラボンが含まれているため美容効果を期待して愛飲している人も多いです。

こちらのケフィア豆乳ヨーグルトのサイトでも紹介されていますね。
この商品の場合は少しお値段が高くついてしまいますが、ヨーグルトではなく健康食品だと思えばそれほど高価というわけでもないのでおすすめです。

食べるか飲むかはあまり関係ないが、カロリーや内容量に注意

ヨーグルトを食べるか飲むか?

重要なのはヨーグルトの中身なので、食べることになっても飲むことになってもどちらでも大丈夫です。

ただし!

飲むヨーグルトの場合は、やはり砂糖を使用している物が多いです
さらにヨーグルト+他の飲料と混ぜているものも多く、肝心のヨーグルトが少なかったりします。

そしてそもそも量が少なかったり。

できるだけ食べた方がいいかもしれませんね。

ヨーグルトを食べるべき時間は朝と夜どっち?

カロリーを気にしているのでしたら、いつ食べても問題ありません

たとえば朝食後、夕食後など色々なタイミングが考えられますが、一番良いのは食べたいときに食べる、です。

ヨーグルトを一口食べたからといっていきなり何かが変わるわけではありません

重要なのは日常的に食べることです。
ヨーグルトを日常的に食べて常に身体の内側を改善した状態で、三食健康的に食べていくのが何よりも大事ですね。

なので、タイミングはあまり気にしなくても大丈夫だと思います。

それよりも何を食べるかの方を気にするべきですね。

おすすめのヨーグルトはケフィア豆乳ヨーグルト!

やはり、ケフィア+豆乳+ヨーグルトという良いとこ取りなヨーグルトを推していきたいです。

たね菌だからお得

スターターセットは少々お値段しますが(それでも数千円の安さですが)、たね菌のみの購入も可能です。

たね菌のみの購入であれば、かなりお値段も抑えられますし、たねは増やせるのでうまく使える人には普通に買うよりもかなりお得になります。
増やせなくても十分な量ですし、それほどの出費にならないところはいいですね。

このように作り方も簡単です。

ケフィア豆乳ヨーグルトは乳酸菌が多い

5種類以上の乳酸菌と3種類以上の酵母が入っているそうです。

必ずしも多いから効果が高いというわけでもないとは思いますが、サイトの説明を見る限り、ダイエットしている人が常食するヨーグルトとしては申し分ないのではないかと思います。

料理にも使える

普通のヨーグルトでももちろん使えますが、公式サイトにクセのない味にこだわったと書いてあるとおり、料理として使うこともできます。

サラダなんかと一緒に食べれれば常食しやすいでしょう。
豆乳を使う料理の代わりに使っても美味しいと思うので、レシピを考えるのも楽しいのではないかと思います。

ケフィア+豆乳+ヨーグルトで健康きれいに身体を変えていけるといいですね!

普通のヨーグルトにプラスアルファしてみるのはどうですか?

最近話題のケフィアを加えて豆乳で作られたヨーグルト、ぜひ試してみてください!

ケフィア豆乳ヨーグルト