ジムvsプライベートジムvs自宅フィットネス! ダイエットにおけるメリット・デメリットを比較してみた

ジム・プライベートジム・自宅フィットネスのそれぞれの特徴

効果継続性安さ楽しさ初心者
ジム
プライベートジム×
自宅フィットネス

ざっくりと解説します。

ジムの特徴

ジムにもよりますが、ジムにはトレーニング器具やランニングマシンの他にもプールやスタジオといった楽しく続ける工夫がたくさんあります。
友達と通うこともできますし、コミュ力のある方は友達ができるかもしれません。

プライベートジムに比べると料金もそれほど高くないです。

都内の月額制であれば、8000円~12000円くらいが相場でしょうか。

最大の特徴としては、とにかく三つで比較すると一番バランスが良いこと。
通わなければいけないこと、混雑したときの不自由さがネックですね。

店舗数は少ないですが、個人的にはホリデイスポーツクラブがおすすめ

トレーナーがいますし、大浴場やサウナ、マッサージ機のあるリラックスルームなど、施設の充実度がジムの中では頭一つ抜けている印象です。

プライベートジムの特徴

値段の高さばかりが目についてしまいます。
月額よりも回数で値段設定されている場合が多く、数万円から数十万円まで価格帯は様々です。

ただし高い金を払うだけあって、絶大な効果があります。

たとえばライザップのCMや公式サイトのビフォーアフターを見ると、劇的に痩せている人ばかりですよね。

今ではもう「どうせ嘘でしょ?」と思う人はいないのではないのでしょうか。
完璧に美しい肉体を手に入れるために高い金と尋常ではない努力をした結果なのです。

決して安くはないですが、どうしても痩せたい人、何をしても痩せられなかった人、美しい肉体を手に入れるためには金も惜しまないという人の最終兵器として利用するのが良いと思います。

一番のおすすめは、目に見えて成果を出しているライザップ。
他にもプライベートジムはたくさんありますが、ライザップのように成果を出しているというジムは少ないです。

負荷が軽いのであれば、それって高い金払うのにジムと変わらないのでは…と思ってしまいますね。

自宅フィットネスの特徴

自宅フィットネスは何よりも自分のペースでできるというのが最大の特徴。

家から出る必要もないですし、好きなフィットネスやトレーニングを選べるので楽しさを維持しやすいです。
ただし、ダイエットをするのであれば、ちゃんと痩せたいという意志がないとサボってしまいがちになってしまうのがネック。

逆にそういう意志がある人にとっては好きな時にフィットネスできるので、何より継続しやすくなります。

個人的なおすすめは、サイトタイトルにもあるとおりLEAN BODYです。

LEAN BODYならジムをも超える豊富なプログラムがあります。
ダンササイズ、ティラピス、ヨガ…などなど。
気になるところを重点的に絞っていくレッスンを選ぶこともできるので、部分痩せにもおすすめです。

何よりジムやプライベートジムに比べて圧倒的に安いのがいいですね。
初心者にも使いやすいです。

LEAN BODYについて詳しくは別のページで紹介しています。

関連記事

LEAN BODYの評判は良い!?悪い!?動画を利用しておうちで気軽にフィットネスができるLEAN BODY。その手軽さから公式インスタのフォロワー数は記事執筆時点(6月16日)で12万人を超えています。インスタのハッシュタ[…]

ジムを利用するメリット・デメリット

ジムのメリット

ジムを利用するメリットは、そこそこのお値段で本格的なトレーニングができることです。

ダイエットはもちろん筋トレもできますし、体型を維持するのにもいいです。

ですが、何よりも周りに自分と同じく頑張っている人がいる光景を見られるのが最大のメリットですね。

これほどモチベーションの維持になることはないです。
通い続けると顔見知りになる人がいたりもするので、楽しく続けたい人にはジムがいいかもしれません。

ちなみに…驚くかもしれませんが、ジムに来てる人って太っている人があまりいないんですよ。

モデル体型を目指している普通体型の人(本人は太ってると思ってる)が多い印象です。

ジムのデメリット

通うことによる不利益はほとんどないと思いますが、月額制のジムは継続して通わないと全然通っていなくてもお金が引き落とされていきます。

意志が大事ということですね。

プライベートジムのメリット・デメリット

プライベートジムのメリット

指示に従っていれば絶対に痩せられることが最大のメリットです。

自分で何をすればいいのかは分からないけど、指示に従うのは得意という人はお金で完璧な身体を手に入れられます。

プライベートジムのデメリット

とにかく払う料金が高すぎるので、途中でやめてしまったら大金を失っただけで何も残らないのがデメリットですね。

しかし私の周りもそうなのですが、高いお金を払ってしまうと人間って辞められないんですよね…笑
退路を断ってしまえばヒーヒー言いながらも続けられるようです。

プライベートジムを利用する場合は苦しいかもしれませんが、頑張って下さい。

自宅フィットネスのメリット・デメリット

自宅フィットネスのメリット

メリットは自分のペースで誰にも邪魔されずに好きなときに好きなだけできることです。

ダイエットしているのを人に見られたくないという方には最適です。
あとは月額にしてランチ1,2食分で済んでしまう価格設定が魅力ですね。

先ほども紹介したLEAN BODYを想定して喋っているんですけどね。

自宅フィットネスのデメリット

LEAN BODYは楽しいので続けやすいと思いますが、お金もかけないですし人によってはサボりやすい環境なので続かない可能性があります。

ただし安い分、続かなかったとしても試してみるだけ試すという使い方もできます。
LEAN BODYならお試し期間30日ありますし、その間に解約することもできます。

なので、30日やってみて続くならそのまま登録。
続かなかったらジムやプライベートジムを検討してみるという使い方がいいのかもしれませんね。

LEAN BODYは自宅でダイエットしたい方や手軽に運動したい方におすすめです!

無料お試し期間があるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

LEAN BODY