缶コーヒーは、なぜまずい?

缶コーヒーを美味しいと思って飲んでいる人は、実際のところどれほどいるのでしょうか。

恐らくほとんどいないのではないかと思っています。
口元が寂しいからとりあえず手軽なコーヒーっぽいものを惰性で飲んでいる…そうではありませんか?

知り合いに缶コーヒーの商品開発をしている人がいるのですが、その彼ですら缶コーヒーは美味しくないと言っていました。

コーヒーっぽくて当たり障りのない味を目指していると聞いたのですが、商品開発の人にそんなことを言われると、消費者としては何とも言えない気分になってしまいますよね…笑

缶コーヒーが不味い理由

缶コーヒーを不味いと感じてしまう理由には様々あると思います。

人の味覚は千差万別。
不味いと感じる人がいる一方で、美味しいと感じる人も中にはいるでしょう。

しかしそれは、コーヒーが好きなのではなく、添加物が好きなのでは…というブラックな話に行き着く可能性があります。

添加物が入っている

コーヒーには様々な添加物が入っています。
特に微糖の缶コーヒーはひどいものです。

スクラロースなどの合成甘味料を始め、ほとんどのコーヒーには香料が加えられています。
砂糖だけではない化学的な甘さを加えることによって、もはやその味はコーヒーとは別物になります。

特にコーヒーは香りが命なので、香りに手を加えている時点で不味さを予感できてしまいます。

飲むときは、コーヒーだと思って飲まないほうがいいかもしれません。

ブラックは不味さが際立つ

微糖のコーヒーは、まだデザートドリンク感覚で飲めば飲める人もいるでしょう。

ただ、ブラックの場合はごまかしがきかないため、本当に不味さが際立ちます。

香料で香り付けされた後味は、人によっては気分が悪くなるほど。
コーヒーの余韻というものは、それほど大事な要素なのです。

自分好みに調節できない

ブラックで飲む場合は、もはや様々なコーヒーを飲んで試してみる他にありません。
私の中では二度と飲むことはないだろうという缶コーヒーがいくつかあります。

微糖の場合、砂糖やミルクなどの量が調節できないというのもネックです。

自分好みの味に調節できないということは、必然的に美味しくできる余地を排除しているので、不味さが際立ってしまうという結果になります。

口に合うものを探すのが難しい

調節できないので、当然自分の口に合ったメーカーの缶コーヒーを探さなければいけません。

しかし、缶コーヒーというものは…如何せん数が多すぎるのです!
1メーカーだけでどれほどの数を出しているのでしょうか?

種類が多すぎて、自分好みのコーヒーを見つけるのが難しい。
その上、見つけたとしても職場や家などの近くに売っているとは限らないのです。

日常的に飲みたいものにしては、味のハードルがなかなか高い。
それでも缶コーヒーが売れ続けているというのは不思議ですよね。

では、いったいどうして不味いと思っても缶コーヒーを飲み続けてしまうのでしょうか?
(かく言う私もたまに飲んでしまうのです)

なぜ缶コーヒーを飲むのか?

実は缶コーヒーを飲んでいる人の多くが、缶コーヒーなんて不味いってことを承知で飲んでいたりします。

私には会社勤めで働いている時代がありましたが、缶コーヒーを飲むほとんどの人が味に期待しているわけではありませんでした。

私もそうです。
食後の眠気を払拭するため、カフェインの覚醒効果を期待して飲んでいました。

関連記事

コーヒーを飲むと目が覚めるとは、よく聞くことですよね。でも、コーヒーを飲んでいるのに眠くなってしまうという人もいるのでは?あー自分はコーヒーの覚醒効果を得られない体質なんだ…と思うのは、もしかしたら早とちりかもしれません。[…]

そういう人は意外と多いです。

コーヒーであれば何でもいい、という人ですね。
そういう人にとっては、味よりも重視する項目があるからこそ、缶コーヒーを飲むのです。

自販機で手軽に買える

自販機に入っているというのは大きいです。
例えば職場であれば、飲みたいと思ったときにちょっと歩けばすぐに手に入ります。

仕事が忙しいときでも缶コーヒーなら手軽に飲める。
それは他のコーヒーと差別化する上で大きな利点になるでしょう。

職場や学校の外に出なくても買える

上記のように時間がないときでも、すぐに手に入れる環境が整っているなら、つい手を出してしまいます。
100円ちょっとで買えるのもニクいですね。

また、雨など天候が悪くて外に買いに行けないときでも、自販機さえあれば大丈夫。
缶コーヒーは、すっかり人の日常に入り込んでいますね。

飲みたい時に開栓できる

買っておけば飲みたい時に開栓できます。
確かにドリップなどは「飲みたい!」と思った時にすぐ飲めるわけではありません。

個人的にはその過程や漂う香りも楽しみの一つだと思っているのですが、時間や精神的に余裕がないときだってありますよね。

それを解決できてしまうのが缶コーヒーです。
開栓前ならひっくり返しても零れることはありませんし、コーヒーの大敵である酸化という概念とは無縁というのも大きいですね。

喫煙所に持っていける

自販機で缶コーヒーを買って、振りながら喫煙所に歩いていく瞬間が好きな喫煙者は多いでしょう?

煙草にコーヒーは付きものだと思っている喫煙者も多いはず。
これこそまさに吸いたい!と思った時に、すぐにお供のコーヒーを用意できるかどうかという手軽さは缶コーヒーに勝るものはないでしょう。

しかも飲み終わった後は吸い殻入れにもできます。

しかし一方で、どうせ飲むなら味にこだわりたい!と思っている人だって多いはずなのです。

缶コーヒーの代わりになるコーヒー

缶コーヒーの利点を持っているなら、乗り換える人は当然多いでしょう。

しかし世の中それほど手軽な物がないからこそ、缶コーヒーがその役割を担っているのです。

コンビニコーヒー

手軽さで缶コーヒーに手を伸ばそうとしているのが、このコンビニコーヒーではないでしょうか。

個人的にはセブンのコンビニコーヒーをおすすめしたいですが、ファミマのバリエーション豊かなドリンクも魅力ですよね。
都内であればコンビニはどこにでもありますし、喫煙所でコンビニコーヒーを飲んでいる人も多く見かけるようになりました。

若い子のほとんどは缶コーヒーから乗り換えていますね。
お年を召された方々は、習慣が抜けきらないのか、未だに缶コーヒーを飲み続けている人が多い気がします。

ドルチェグスト

ただ味に特化するのであれば、こんな手段もありますね。

職場コーヒーの代名詞と言ってもいい存在で、特にオフィスビル系の職場であればほとんどの職場に入っているのではないでしょうか。

ネスカフェアンバサダーという名前で有名なあれです。

あの味にハマって自宅でも飲んでいるという人が周りにいました。
確かに手軽で味もいいですからね。

ドリップパック

お湯を出せる環境ならドリップパックという手もあります。

添加物がない分、缶コーヒーよりはよっぽど美味しいです。
湯量で濃さを調節できる点もいいですね。

中には香料を使わないものもあるので、ちゃんと選べば一線級の選択肢に上がってきます。

水筒にコーヒーを入れる

夏場、個人的に一番おすすめなのがこれです。

温かいコーヒーだと酸化してしまうので、ちょっと控えるべきかなとは思いますが、ダッチコーヒーなどアイスが美味しいコーヒーなら大丈夫。
今の時代、保冷の機能が充実した水筒はいっぱいありますからね。

私が会社勤め時代に使っていた水筒はこれでした。

この水筒は朝の8時に氷を入れても夕方17時まで溶け切らずに保ってくれるというパワフルな優れもの。
夏場は缶コーヒーがすぐにぬるくなる環境で、本当にこれ一本で幸せな気分になれました。

実は美味しい缶コーヒーもある?

散々不味いと言ってきた缶コーヒーですが、数多くの缶コーヒーを試してきて、唯一ブラックでも美味しく飲めると思っているコーヒーがあります。

それが、キリンファイアの黒珈琲

ですが、今ではどこにも売っていません…。
2年くらい前まではまだ自販機で売っていたのですが、すっかり見なくなってしまいました。
本当に残念です。

焙煎麦芽を使っているおかげなのか、コーヒーに奥行きを感じられるのです。
確かに普通のコーヒーとは別物かもしれませんが、この香ばしさは癖になります。

今では恐らくなかなか売ってないと思うので、職場の自販機などに入っているのを見つけた幸運な人は、飲んでみてください、

私は会社員時代、Amazonでまとめ買いして、水筒に入れて職場に持って行ってました。
今ではAmazonにすら置いていません。

夏場、ビールでも飲むかのようにコーヒーを飲めていたので、水筒+氷入り黒珈琲のコンボは、優雅に楽しむコーヒーとはまた違った幸福感を感じられると思います。

まとめ

  • 缶コーヒーのほとんどが添加物などで美味しくない
  • しかし味よりも重視するものがあるからこそ売れる
  • 自分の口に合う缶コーヒーを見つけるのは難しい

LEAN BODYは自宅でダイエットしたい方や手軽に運動したい方におすすめです!

無料お試し期間があるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

LEAN BODY