健康的に痩せたい人が買うべきダイエットグッズはこれ!

この記事を読めば、著者が実際に利用して成果を出すために必要だと思ったダイエットグッズが分かります。

ダイエットグッズの前にスマホは絶対にあった方がいい

これからダイエットグッズというか、ダイエットに必要なものを紹介していきますが、スマホを持っていない人にはあまり参考にならないかもしれません

というのも、個人的にはダイエットに必要なすべてのことは数値化していくべきで、データとして記録していくべきだと思っているからです。

平成も終わって令和の時代。
いまだに旧態依然とした方法でダイエットをやっていくのは勿体ないです。

使えるテクノロジーは隅から隅まで使って最大効率で健康的なダイエットを目指しましょう。

健康的に痩せたい人が揃えるべきダイエットグッズ

体重・体組成計

ただの体重・体組成計ではなく、アプリ連動可能な体重・体組成計を使います。

これによって計測できるデータが体重だけではなく、14項目に上ります。

体重、BMI、体脂肪率、体型、除脂肪体重、皮下脂肪、内臓脂肪、体水分率、骨格筋、筋肉量、骨量、タンパク質、基礎代謝量、体内年齢

ダイエットノートを付けていた人は、アプリ連動可能な体重・体組成計があるだけで筆記の面倒な作業をやめることができます。

いつ計測したのかという記録はもちろん、グラフ化もできるので、ダイエットノートが太刀打ちできる隙はありません…。

体重はもちろん体脂肪率、筋肉量、骨量、基礎代謝量、体内年齢などは健康にも重要な指標になるので、ぜひ数値化してみてください。

iPhoneの場合、ヘルスケアと連動できるので連動するとさらに便利になります。

カロリー計算可能なダイエットアプリ

カロリー計算が可能なアプリは必須です。

カロリー計算ができれば何でもいいのですが、個人的には食べた物を写真判定してくれる「あすけんダイエット」というアプリが使いやすいです。

管理栄養士のアドバイス付きで、その日の食事を得点化してスコアで出してくれます

こんな感じです。
ダイエットコースを設定できるので、痩せたい人には痩せたい人に向けた摂取カロリーを設定してくれます。

あとは食べた物を記録していき、目標摂取カロリー内に抑えるだけでまず太りません。

そこから痩せていくためには、設定されている消費カロリーを目指して運動していくだけです。
これを続けるのがまあ多少は難しいですが、努力次第で何とかなりますし、記録を残していくことは大切なので入れておくべきアプリだと思います。

さらにiPhoneの場合はデフォルトで入っているヘルスケアと連動できるため、上記で紹介した体重計とも連動できます。
自動で体重や体脂肪率が記録されるのでおすすめです。

ダイエットグッズはいっぱいあっても意味がない

この二つだけで大丈夫です

既に経験もある方もいるとは思いますが、ダイエットグッズなんていっぱいあっても意味がないです。

どうせ多すぎても把握できなくてそのうちのほとんどは使わなくなります。

たった二つであるからこそ忘れずに続けられます。

とにかくシンプルであることが大事ですね。

すべてのダイエットの手順は根本的に2ステップしかありません。

  1. 摂取カロリーを計算して記録する
  2. 消費カロリーを調整して摂取カロリーを上回る

これで終わりです。

上記二つでステップ1はクリアできるので、あとはステップ2をどうにかしましょう。

ジムに行って運動するなり、LEAN BODYを使って自宅でヨガをやるなり何でもいいのです。
毎日継続的に続けられる自分に合った運動を見つけて、消費カロリーをしっかり増やしていくことが重要です。

健康的なダイエットを続けていきましょう。

LEAN BODYは自宅でダイエットしたい方や手軽に運動したい方におすすめです!

無料お試し期間があるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

LEAN BODY