水泳の消費カロリーは? 運動の中でもダイエット効果が高いから痩せる!

クロール?平泳ぎ? プールの運動の消費カロリー

アプリ「あすけんダイエット」からプールでできる運動の消費カロリーを抜き出してみました。
これだとちょっとわかりづらいので、消費カロリーの多い順に表にしてみます。

運動種目

10分あたりの消費カロリー
バタフライ134カロリー
平泳ぎ100カロリー
水中ジョギング95カロリー
クロール81カロリー
ストローク56カロリー
水中エクササイズ51カロリー
アクアビクス51カロリー
水中歩行44カロリー

ちなみに消費カロリーは目安です。
その人の体重によって若干増減しますが、だいたいこんなものだと思って大丈夫だと思います。(これ体重に基づいて出された数値だったらどうしよう体重ばれる…)

正確に計るときは「METs」という運動強度に基づいて計算されます。
ここではプールに入るときにどの運動をすれば消費カロリーが高いのか?を知っていただければ。

はい、こうして見ると一目瞭然ですね。

バタフライが最も消費カロリーが高く、その次に平泳ぎです。

実はクロールって疲れるわりにそこまで消費カロリーは高くありません。

平泳ぎは意外かもしれませんが、全身の筋肉を使って泳がなければいけないので結構運動強度は高いのです。

水泳でダイエットするならおすすめは平泳ぎ

おすすめは平泳ぎです。

上記の表を見て頂ければ分かりますが、10分あたりというところが重要ですね。

よく「~メートル泳いだのに体重が落ちない」という書き込みなどを見ますが、有酸素運動に重要なのは時間の基準です。
回数や距離はあまり重要ではありません。

重要なのは、その回数や距離をどれくらいの時間をかけてやったか、です。

たとえば私はだいたい30分で1kmを目標に平泳ぎをやっています。
30分という数字にはそれなりに根拠があります。

有酸素運動は20分以上継続すること脂肪が燃焼しやすくなるという話は有名ですよね。
そのため20分にプラス10分で1kmになればわかりやすいしきりがいいな、と笑

要するに脂肪が燃焼するくらいの時間をかける必要があるというわけです。

そうなると、クロールやバタフライだと疲れてしまうと思います。

そこそこ速度を出して泳いでもあまり疲れない平泳ぎがおすすめです。

とはいえ泳ぎやすさはそれぞれ個人差があると思いますし、なるべく長く続けられる種目を選ぶのがいいと思います。

LEAN BODYは自宅でダイエットしたい方や手軽に運動したい方におすすめです!

無料お試し期間があるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

LEAN BODY