山崎潤子『10キロやせて永久キープするダイエット』のレビュー

『10キロやせて永久キープするダイエット』ってどんな本?

まず勘違いしないでほしいのは、これは著者が実際に行ったダイエットの実体験を綴ったエッセイであるということです。

たとえばヨガとかストレッチとかのインストラクターが書いた本でもなければ、ダイエットについて日夜研究している人の本でもないということです。
一番近いのはダイエットブログですね。

じゃあダイエットブログだから価値がないのかというと全くそういうことでもないです。

色んなダイエットも人によって合う合わないはあるわけで、インストラクターの指導があっても痩せられなかったという人でも、ダイエットブログのやり方を真似たら痩せられたという例だっていくらでもあります。
ただそのやり方がその人に合っているかどうかです。

結論から言うと、この本は特別なことを書いているわけではありません。

当たり前のことを当たり前に。
これをやれば当たり前のように痩せるだろうなと思えることだけが書いてあります。

その点ではとても誠実でとても価値のある本だと思います。

『10キロやせて永久キープするダイエット』のダイエット方法

特別な方法があるわけではありません。

大事なことは一つだけ。

摂取カロリー<消費カロリー

この法則を絶対に守るということだけです。
著者いわく「世に出ているあらゆる『○○ダイエット』というのは、摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくするためのメソッド探しなのだ」とのことですが、まったくもってその通りだと思います。

たとえばよく言われている「夜に食べると太る」という迷信は、最新の研究で散々否定されてきました。
結局これも摂取カロリーが消費カロリーが上回っている状態でしかないわけで、夜に食べても太る人は朝に食べても太りますし、夜に食べても太らない人はいつ食べても太りません

著者がダイエット本=メソッド探しと仰っている通り、この本もエッセイでありメソッドを紹介する本になっています。

この方は、痩せ方は知っているのに痩せられないのは心の問題なのでは?という疑問から心理学の先生を頼りました。

そして、生活習慣を改善すること。
自分に合った痩せる生活習慣が肝要なのだということに行き着きます。

現状分析と目標設定

自分はどうして太ってしまったのか?という現状分析をしていきます。

普段、自分はどんな物を食べてどれくらいカロリーを摂取しているのか。
摂取カロリー<消費カロリーにするには、当然いつもどれくらいカロリーを摂取しているのか知らなければいけません。

そうしてたたき出された数字は、1800~2200カロリーだったのです!

私の基礎代謝が1200カロリーくらいだったと思うので、私が運動せずに同じ食事をとりつづけたらぶくぶく太っていくことになりますね。

著者は適正カロリーを1600カロリーに設定してしました。

ここからさらに目標設定をしていきます。
目標は「なりたいイメージ」を想像しましょう。

そのイメージに辿り着くために必要なこと。

それが、この本のタイトルにもなっている10キロ痩せるということですね。
そうして出てきた数字が52.5kgです。

なるべく習慣化できるように長い時間をかけてゆっくり痩せていくことが目標になります。

摂取カロリー<消費カロリー

これを維持できていれば、嫌でも痩せるところまでは痩せます。
特に何かを見て実践しているわけではないですが、私もそんな感じでこれ以上体重は減らないというところまで落ちてしまっています。
(本当はあと3kgくらい落としたい)

アクションプランを作る

具体的に何をしてダイエットするのか?という習慣をプラン化してリストにします。

ここで著者が偉いのは、ちゃんと運動をプランに入れていることですね!

食事制限だけで痩せるのは健康的ではないです。
実際、1600カロリーを目標にしているので基礎代謝+運動じゃないと摂取カロリー<消費カロリーにはならないと思います。

1600カロリーを下げてしまうと、栄養が足りなくなるので老化が早まったりお肌の状態が悪くなったりするのでおすすめできないですね。

こうして可視化して真面目に向き合うことが大切ですね。

これをいざ実行したら簡単に1キロ痩せられたそうです。羨ましい。

ちなみに著者はこのアクションプランで、続くことと続かないことがあったそうです。

そして実際、一ヶ月後に振り返ってみると半分以上続かなかったようです。

大事なのは自分に合った習慣にすることなので、合わないことはさっさと諦めて自分に合う習慣を見つけるために修正していけばいいようですね。

『10キロやせて永久キープするダイエット』のレビュー

こんな感じで著者が実際に実践して成功したダイエットが綴られています!

ちなみに著者は1年間で7kg痩せ、最終的に2年くらいかけて目標を達成したようです。

そして大事なのは、この2年で出来上がった習慣を続けていくことなのですが、この方は2年続けられたのできっとこれから先も続いていくことでしょう。
ここまでくればきっと難しいことではないのでしょうね。

本書は方法論よりも考え方を変えるダイエット本でした。

絵がたくさん使われていて読みやすいですし、エッセイ風味なので文章も読みやすいです。
結構軽いノリですし著者の人柄も面白いです。

ダイエットが上手くいかなくて気軽に読めるダイエット本が欲しいという方は、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

LEAN BODYは自宅でダイエットしたい方や手軽に運動したい方におすすめです!

無料お試し期間があるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

LEAN BODY