ヨガマットのレビュー! ヨガやストレッチに使用するなら厚さは何mmがおすすめ?

ヨガマット8mmを使用してみたレビュー

評判が良かったこともあり、最初のヨガマットはこちらの8mmを購入してみました。

8mmという分厚さもあってクッション性は抜群

ですが、このマットがよくないのか、沈みすぎるように感じてしまいます。
たしかに分厚いので痛くなったりすることはないのですが、なぜか滑る滑る…。

特に体幹を鍛えるストレッチなんかをやっている時、汗が出てきてしまうと滑りは顕著になります。
お尻をぺたんと下げて使う時はいいですが、足や手で身体を支える時なんかは明らかに鍛えたい部位と違うところに力を入れてしまうのが分かります。

しかも8mmは分厚いので丸めた時の大きさもかなりでかいものになります。
思っていた以上に場所をとるし、8mmはないな…と思いました。

あくまでも個人の感想でありレビューであることは念頭に置いてくださいね。

さて、次は6mmです。

ヨガマット6mmを購入してみたレビュー

今度は6mmです。

まず、8mmのものよりおしゃれ

さすが高いだけあってTPE素材というところも良いですね。
このTPE素材はゴム特有の臭いのない無毒無臭ということもあって人気の高い素材なんです。

直接水洗いができるのも好ポイント。

6mmというほどよい厚さのおかげか材質のおかげか汗をかいても滑りません

もちろん丸めてもコンパクトで、専用の収納バッグもついてきます

ただ一つ難点を上げるとすれば、初心者にとっては若干お値段が高く感じてしまうかもしれないという点でしょうか。

いくらでも安いものが売っているのにこれからちゃんと続くかどうかも分からないヨガのマットにこの値段を出すのは…と思ってしまうかもしれません。
でもTPE素材がこの値段で買えるってかなりお買い得だと思うんですけどね。

むしろ強い意志で絶対にやり続けるという確信があるのであれば、これよりさらにお金を出して長持ちする信頼性のあるものを買うべきだとも思います。

この辺はお財布と相談してみてください。

ヨガマットは専門店で買うのもおすすめ!

もっと良い物が欲しい!ということならヨガマット専門店を利用してみましょう。

こちらのASANAというショップでは、ヨガマットだけでなくヨガウェア・ヨガパンツなどの販売もやっています。

時期によってはアウトレットのセール商品もあるので、気になる方は一度目を通してみてはいかがでしょうか。

ヨガマットを選ぶときのポイントは、TPE素材かどうかですかね。

TPE素材は臭いもなく滑りにくく水洗いもできる素材です。
その代わりお値段は確実に高くなってしまうので、その辺はお財布と相談です。

厚さに関しては、どんなヨガにも使える万能選手である6mmがやっぱりおすすめです。

最初は動きのあるヨガをやる予定だったのと、フローリングの上でやるので厚みがほしかったこともあって8mmにしましたが、見事に失敗してしまいました。

この辺は個人差もあるかもしれませんが、TPE素材のマットを選んだら6mmでも十分でした。
あまりにも安いものを使っていると、最初はよくても使っているうちに新しいものが欲しくなってしまうかもしれませんね。

以上、ヨガマットのレビューです。

参考にしてみてください!

LEAN BODYは自宅でダイエットしたい方や手軽に運動したい方におすすめです!

無料お試し期間があるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

LEAN BODY